ハワイ線もコロナの影響でエアアジアが運休!でもいつまで?返金はava以外でもできる?

エアアジアハワイ線のキャンセル方法 トレンド

新型コロナの影響でハワイ(ホノルル)~関西空港間で運行しているエアアジアX(D7)が運休続きですね。
公式サイトによると、8月31日までは運休すると案内が出ています。
参考:エアアジアジャパン【公式ホームページ】

夏休みシーズンはチケット代もホテル代も高くなるので、少しでも安く行けるように工夫してエアアジアでチケットを取った方も多かったのではないかと思います。

まさかこんな事態になるだなんて誰にも予想はできませんでした。

現段階では9月1日以降のチケット予約は取れますが、9月も運休するのではないかと私は予測しています。
何故そう思うのかは後で詳しく説明させていただきますね。

旅行している状況でもないから飛行機をキャンセルしたくてもチャットボットAVAでの対応のみです。

ただ、旅行代理店や一部を除くオンライントラベルで予約している場合は予約したところに問い合わせてくださいね。

ハワイ線情報 新型コロナでエアアジアが運休に

新型コロナの影響で、ハワイ(ホノルル)~大阪(関西空港)間のエアアジアのフライトが運休しています。

6月3日よりも前に予約が完了しているチケットで日本出発が8月31日までのものに限り、日程の変更もしくはクレジットの返還が行えます。

日程の変更は、予約したルートと同じものの場合で、2020年10月31日までに大阪を出発するものに限ります。
この日付までに変更を行えば、手数料無料で日程を変更してもらえます。

けれども、次の3つの理由からあまりオススメはしていません。
①ハワイの14日間の自主隔離期間がいつ解除するか分からない
②変更した航空券の方が安くても、多く払った分は返金されない
③同じ行き先だけにしか使えない

クレジットの返還は、エアーを予約したときに支払った額が全て自分のエアアジアBIGアカウントに入ります。
クレジットは2年間(370日間)有効です。

注意したいのは予約した人のアカウントに一括でポイントが付くことです。
例えば友だち3人でチケットを代表のAさんが取っていたら、Aさんのアカウントにしかクレジットが返ってきません。

また同じメンバーで行けるのであれば問題ないのですが、一緒に行けないときはAさんが友達に現金で返す方法になってしまいますかね。

デメリットもありますが、付与されてから2年(370日)間有効のエアアジアのクレジットの方が使い勝手がいいと思いませんか?
私だったら即、クレジット返金にしてもらいます!

でもよく調べてみると、現金での返金も対応もあるようですね。

エアアジアの運休はいつまで?

エアアジアの最新の情報ではフライトの運休は2020年8月31日までになっています。
9月以降のフライトは「空席がありません」と結果が出てくるので、座席が空いていれば予約ができるみたいです。

ちなみに8月中に日本を出発するフライトは「予約ができません」と表示が出てきます。

「9月に予約ができるのなら、早く予約したほうがいい?」と疑問に思う方もいらっしゃるかとおもいますが、座席が空いていても、安くても予約はしない方がいいです。

理由は3つあります。
①ANAとJALのフライトが9月30日まで運休になった
②開いているレストランやホテルが少ない
③14日間の隔離措置が延期しそう

14日間の隔離措置というのは、「ハワイに到着してから14日間は各自で用意したホテルまたはコンドミニアム(自宅がある人は自宅)の部屋から外に出たら罰則があります」というものです。

日本のように「要請」ではないので、強制力が違いますので「バレないから大丈夫」は通用しません。
3ヶ月の間で、200人弱もの人が捕まって、およそ11万円の罰金刑となっています。

詳細はこちらの記事に書いてありますので、読んでみてくださいね。
今のハワイがどうなっているのかも分かりますよ。
【ハワイの現状】14日間の隔離期間について ハワイのコロナ対策 14日間の隔離

エアアジアに返金してもらいたいけどAVA以外に方法は?

エアアジアで直接予約した場合やエクスペディアを通して予約した場合は、チャットボットのAVAで返金の申請をしなければいけません。

旅行代理店エクスペディア以外の媒体で予約した場合は、その予約した会社に問い合わせをしてくださいね。

エアアジアのクレジットを返還してもらう

AVAでの返還の仕方は次の手順でできます。
エアアジアの公式ホームページへ行って、右下に出てくる女性をクリックする
②「COVID-19 によるフライト変更」を選択する
③「エアアジアによるフライト欠航」を選択する
④「フライト変更またはキャンセルを希望」を選択する
⑤「クレジットアカウント」を選択する
⑥その後、AVAの指示に従って必要事項を記入していきます

エアアジアに返金してもらう

エアアジアの公式ホームページへ行って、右下に出てくる女性をクリックする
②「払い戻し」と入力する
③「返金リクエスト」と入力する
④ライブチャットが始まるので、担当スタッフさんとやり取りをする

注意点として、全てのフライトが返金対象ではないのと、ライブチャットが繋がるまで最低でも15分かかるようです。

また、返金されるまで2~3ヶ月待つケースもあるようなので、ライブチャットの時に返金期限や期限を切れたときの連絡先(電話番号の方がいいです)を聞いておいた方がいいですね。

考えたくないですがクレジットの返還だと、もしエアアジアが破産した場合そのクレジットがどのような扱いになるのか分からないので、返金してもらえるのであれば時間をかけてもいいと思います。

まとめ

ハワイ(ホノルル)線もコロナの影響でエアアジアの運休が続いています。
いつまでか気になるところですが、公式サイトでは8月31日まで運休と記載されています。

ただ、全日空や日本航空が9月30日まで運休を延期することを考えるとエアアジアも運休を延期すると考えられます。

公式ホームページによると、6月3日までに予約をしている人対象ですが、10月31日までに日本を出発する便に変更をすれば差額や変更手数料を支払わずに変更ができます。

でも今の状況を考えると、10月31日までに出発する便に変更するよりエアアジアのクレジットで返還してもらうか、返金してもらう方がいいです。

欲を言えば返金対応の方がいいですが、ライブチャットに繋がるまでと返金までに時間がかかるので、早く解決したい方はエアアジアのクレジットを選びましょう。

「いつかやろう」と後回しにしていると、知らず知らずのうちに返金できる期限が過ぎてしまいます。
全てを失ってしまう前にエアアジアに問い合わせしてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました