【悲報】ホノルルマラソン2020が中止に…エントリー済はどうしたらいいの?

ホノルルマラソン2020は中止 ワイキキ

正式にJALホノルルマラソン2020の開催が中止になってしまいましたね。

これを皮切りに、ハワイ観光の再開を狙っていただけにとても残念です…。

ただ、私よりホノルルマラソン2020に応募して心待ちにしていていた方の方がショックが大きいかと思います。

この記事ではエントリー料金の返金はあるのか、振り替えはできるのか、どのように振り替えをすればいいのかを紹介しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

JALホノルルマラソン2020が中止に

ハワイ時間の2020年10月22日にホノルルマラソンの公式ホームページで、第48回のホノルルマラソンの中止が発表されました。

After consulting with all our stakeholders, the City and County of Honolulu, the State of Hawaii and our sponsors, the Honolulu Marathon Association has decided that the appropriate and safest course of action is not to conduct the 2020 Honolulu Marathon, Start to Park 10 and Kalakaua Merrie Mile in December.

Update - 2020 Honolulu Marathon
Updated October 22 After consulting with all our stakeholders, the City and County of Honolulu, the State of Hawaii and our sponsors, the Honolulu Marathon Asso...

残念ながら公式サイトのエントリー期間と料金(日本受付)に

※申し込み後のキャンセルや名前の入れ替え、権利の譲渡、申し込みイベントの変更、及びエントリー料、申込料の払い戻しは一切できません。予めご了承ください。

参照元:https://www.honolulumarathon.jp/2020/entryprice/

と記載があるため、エントリー料金の返金はありません。

しかし、既にエントリーをされている方は、2020年に開催されるバーチャル・ホノルルマラソンに参加する権利、もしくは2021年に開催されるホノルルマラソンに振り返る権利があります。

どちらのマラソンレースに参加(振り替え)するにも、エントリーした際に発行されたコード番号が必要となります。

※残念ながら、日本在住の方はバーチャルで参加される場合、別途料金がかかることが11月5日に公式ホームページで発表されました。
料金や、エントリー期間、参加特典などについても言及しているので参考にしてください。

ホノルルマラソン2020 バーチャルに参加する

ホノルルマラソン2020のバーチャルマラソンに参加される場合は日本在住者専用の公式サイトより申し込むことができます。

※ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェスという名前で開催されます。

>>https://www.honolulumarathon.jp/2020/

11月17日(火)に当イベントの特設ページが表示されるので、そこから登録することができます。

エントリー期間とイベント開催期間は次の通りです。(両方とも日本時間です。)

エントリー期間:2020年11月17日(火)12:00 ~ 12月31日(木)18:59
イベント開催期間:2020年12月1日(火)19:00 ~ 12月31日(木)18:59

なお、バーチャルで行われるホノルルマラソン2020は時間制限なしで開催されます。

バーチャルマラソンはどのように行われるか

どのようにして行われるかと言いますと、Strava、Runkeeper、GarminなどGPS機能の付いたアプリをダウンロードした機器を身に付けて、自分の好きなコースをソーシャルディスタンスなどに気を付けて走ります。

そしてバーチャルホノルルマラソンに登録したときに発行される個人専用ページに、GPSアプリに表示された走行距離や完走にかかった時間のスクリーンショットをアップロードします。

また、ルームランナーでの参加も可能です。
ルームランナーを使う場合はルームランナーの走行距離や時間が書かれた表示画面の写真を撮ってデータとして送ることもできます。

完走のデータを送る期限は12月1日~31日(木)18:59までですので、バーチャルホノルルマラソンに参加する際は忘れないようにしましょう。

エントリーしていなかったけどバーチャルで参加したい

ホノルルマラソン2020のエントリーをまだしていなかったけれど、バーチャルホノルルマラソンに参加したい方も費用を払うことで参加することが可能です。

バーチャルであれば参加したいという方は、先ほど紹介した日本在住者専用のバーチャル・ホノルルマラソンのページより参加してください。

バーチャルホノルルマラソンの参加料金

ホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェスの参加料金は走る距離によって違います。
※2020年ホノルルマラソンに既にエントリーしている方も、バーチャルのものに参加する場合は別途料金がかかります。

・フルマラソン(42.195km) 7,500円
・10Kラン&ウォーク(10km) 7,000円
・カラカウアメリーマイル(1.6km) 6,500円
・ビッグカフナ・チャレンジ 14,000円(7,000円OFF)
☞フルマラソン、10Kラン&ウォーク、カラカウアメリーマイルを全て参加したい方向け
・ロイヤル・チャレンジ 11,000円(3,500円OFF)
☞フルマラソン、10Kラン&ウォークをセットで参加したい方向け
・アリイ・チャレンジ 10,500円(3,500円OFF)
☞フルマラソン、カラカウアメリーマイルをセットで参加したい方向け
・メネフネ・チャレンジ 10,000円(3,500円OFF)
☞10Kラン&ウォーク、カラカウアメリーマイルをセットで参加したい方向け

バーチャルホノルルマラソンの参加特典

日本ではどのような特典となるかまだ発表されていませんでした。
日本語版のサイトで新しく情報が出ましたらアップデートしておきますね。

ただ、英語版のサイトでは特典がどうなるか発表されていますので紹介させていただきます。

全て同じにならない可能性もありますので、参考程度に読んでください。

【11月7日アップデート】
日本でもホノルルマラソン・バーチャル・ビーチフェスに参加する方に

英語でアナウンスされている情報では、バーチャルマラソンに参加して、ゴールした全ての人に記念Tシャツとメダルが1月中に郵送されます。

フルマラソンを完走された方には、フルマラソンフィニッシャーTシャツ、フルマラソン完走メダルを、
10Kラン&ウォークを完走された方には、10Kラン&ウォーク参加記念Tシャツ、10Kラン&ウォーク完走メダルを、
カラカウアメリーマイルを完走された方には、カラカウアメリーマイル参加記念Tシャツ、カラカウアメリーマイル完走メダルがプレゼントされます。

※日本のサイトでは記念Tシャツとメダルの発送時期についてはまだアナウンスされていません。

さらにレースのビブや完走証明書、完走者に配られる雑誌などがダウンロードすることができます。

そして、オンラインで開催されるお祭り(Virtual Beachfest)に参加できる権利も付いてきます。

そのお祭りではハワイの音楽を楽しんだり、ハワイ料理のデモンストレーションを見たりすることができます。

セットで参加した場合、完走したイベント全ての特典を手に入れることができますのでご安心くださいね。

例えばビッグカフナ・チャレンジに参加して、全てのレースを完走できたらフルマラソン、10kmラン、カラカウアメリーマイルのTシャツとメダルが授与されます。

All virtual finishers will receive the finisher/race shirt and medals in the mail, as well as digital race bibs, certificates, a digital finishers magazine and more. You’ll also get access to a Festival area where we will showcase Hawaiian music and cooking demos. The idea is to bring a small part of Hawaii to you. The online festival zone will be updated with new content continually through the fall.

引用元:https://www.honolulumarathon.org/update-2020-honolulu-marathon

バーチャルのホノルルマラソンへ参加へ登録し忘れたり、意図的に登録しなかった場合は自動的に2021年に開催されるホノルルマラソンへ振り替えが行われます。

JALホノルルマラソン2021に振り替える場合

バーチャルで行われるホノルルマラソンに登録をしなければ、既にJALホノルルマラソン2020に参加されている方は自動的に2021年に開催予定のホノルルマラソンに振り替えられます。

なので何もする必要はありません。

現在、2020年(第48回)のホノルルマラソンを2021年の前半に延期するための協議を行っているようです。

これが実現できれば、2021年にホノルルマラソンは2回開催されることとなります。

もし2021年の前半と、例年通りの12月に行われる場合、今回のマラソン大会に応募された方は2021年の前半のイベントに参加できるようになります。

2021年の前半に第48回のホノルルマラソンを延期できない場合は、例年通り12月に開催される第49回のホノルルマラソンに追加料金なしで参加できるようになります。

JALホノルルマラソン2020中止に関するまとめ

新型コロナウィルスの感染者数がピークと比べると減ってきているものの、JALホノルルマラソン2020を12月に開催するのは難しいと判断されてしまいました。

感染者数が0にならなくて、ワクチンもまだ開発されていないので正直、難しいかなと思っていたことが現実になってしまいました。

ホノルルマラソンでハワイ旅行の「再スタート」を飾りたかったのでとても残念です。

すでにエントリーされている方も、そうでない方も、特設ページで登録するとでバーチャル・JALホノルルマラソン2020に参加することができます。

バーチャルには興味がないすでにエントリーがお済みの方は、何も手続きをする必要がありません。

自動的に2021年に開催されるJALホノルルマラソンに振り替えられます。

来年こそは、多くの人で賑わうハワイになって欲しいですね。

一日でも早くコロナが終息して、安全にハワイ旅行が楽しめるように願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました