ワイキキビーチの入り方を徹底解説!着替えはどこで?荷物はどうする?

ワイキキビーチ ワイキキ

ハワイ(オアフ島)の有名な観光地でもあるワイキキビーチ。
ワイキキビーチで泳いでみたい方がほとんどではないでしょうか。

ワイキキビーチに限らず、ハワイのビーチには海の家がないので着替えたり、荷物を預けたりする場所がありません。

でも、心配しないでください。
ハワイ在住で毎日のようにビーチへ通っていた私が、ワイキキビーチの入り方を伝授しますね。

これを読むと、次のことが分かります。

・着替えはどこですればいいのか?
・荷物は何を持っていけばいいのか?
・泳いでいる間、荷物はどうすればいいのか?

ぜひ、ワイキキビーチに入る時の参考にしてくださいね。

ワイキキビーチの入り方を徹底解説

ワイキキビーチの入り方ですが、至って簡単ですよ。
たった2つのことを注意すればいいんです。

・着替えはホテルで済ませてくる
・荷物は必要最低限にする

ただ、詳細をお話する前に知識として頭に入れていただきたいことがあります。

盗難や詐欺

最近、ワイキキビーチを中心にひったくりや置き引きが頻繁に発生しています。

「ハワイは治安がいい」と思いがちですが、ここ3~4年で盗難などの被害が急増しています。

他の州や国よりかは治安がいいですが、日本よりは悪いことを知っててください。

また最近は見かけなくなりましたが、勝手に首にレイ(花の首飾り)や貝殻で作ったネックレスをかけてお金を請求してくる詐欺も発生しています。

もし勝手に何かを着けられてお金を請求してきたらキッパリと「No thank you!」と断って返してくださいね。
くれぐれもお金を払わないように!

万が一、被害に遭ってしまった場合はデュークカハナモク像の右側にホノルル警察の派出所(交番)があるので助けを求めてください。

私が訪ねたときは、日本語を話せる警察官の方が一人いました。

公衆トイレ

また、遊泳中にトイレに行きたくなることもあると思います。
日本でも人気のない公衆トイレを使うとき気を付けると思いますが、ハワイではそれ以上気を付けて下さい。

出来れば自分の身を守るため宿泊先のホテルのトイレを利用していただきたいです。

特にこのような時は、そこのトイレを使うことをあきらめましょう。

・ガラの悪そうな人がトイレの前で数名集まっている時
・周りに人が全くいない時

でもどうしても公衆トイレを利用しなければいけない場合は、誰かと一緒に行きましょう。
くれぐれも一人で行かないようにしてください。

ワイキキビーチには着替える場所がない

ワイキキビーチには着替える場所がありません。
ですので、ホテルで着替えて、その上にワンピースやTシャツやショートパンツを着てきてください。

チェックイン前に泳ぐ場合

もしハワイに到着してチェックイン前に入りたい時でもホテルで着替えます。
ホテルによっては更衣室があったり、チェックイン前やチェックアウト後に使えるシャワールームがあるのでそこを使います。

なければロビー階にあるトイレを使いましょう。
ルームキーが必要なトイレでも、宿泊するホテルであればフロントでトイレのカギを借りられますよ。

着替えに行くとき、水着の上に着る洋服を忘れないようにしてくださいね!

泳いだ後

泳いだ後ですが、徒歩でホテルまで帰るのであれば水着が濡れたまま着てきたものを着て帰る人が多いです。
バスやトロリー、タクシーなど乗り物に乗ってホテルに帰る場合や濡れたままが嫌な場合は日向ぼっこをして水着が乾くのを待つか、公衆トイレで着替えるしかありません。

私の場合、海で泳いだ後も水着の上からワンピースを着てそのまま家に歩いて帰ります。

子供はさすがに水着のままだと風邪をひいてしまうので、Tシャツとパンツやスカートを持っていきます。

1歳の子供くらいから、すっぽんぽんにして着替えさせるのはタブーなのでラップタオルがあると便利ですよ。
ハワイでは見かけないので、日本に帰国した時に買って持ち帰っています。

ワイキキビーチに行くときは荷物は最小限に!

ワイキキビーチへ行くとき、荷物は最小限にしてください。
また、荷物を入れるバッグはブランド品は避けましょう。

ホテルのロゴが入ったトートバッグも「私は○○ホテルの宿泊者です!」と公表しているようなものですので、やめた方がいいです。

ローカルはスーパーのエコバッグや買い物した時にもらう紙袋に荷物を入れていることが多いですよ。

海で泳ぐときは、荷物番がいると安心ですがカップルで来ていたり、子供がまだ小さくて一緒に入らなければいけなかったり、一人で来たりなど、そうもいかない時もあります。

荷物から離れる前提で海へ行く場合は「最悪なくなってもいいもの」を持って行きましょう。

ビーチに必要なもの、持って行かない方がいいもの、絶対に持って行ってはいけないものを紹介します。

必要なもの

ビーチに行くときに持って行くべき必要最低限なものを紹介します。

・ホテルのルームキー
・ビーチタオル(ホテルから借りる)
・水
・日焼け止め
・帽子
・20ドルくらいの現金またはクレジットカード

クレジットカードだと、盗まれてしまってもカード会社に問い合わせればカードを止めてもらえますし、引き落とをストップしてくれるので現金より遥かに安心です。

また、ハワイではキャッシュレス化が進んでいますので、ほとんどのお店がクレジットカード対応です。

持って行かない方がいいもの

出来れば持って行かない方がいいものですが、泳いでいるところなど写真や動画で撮っておきたいですよね。。。
持って行く時の対処法もお伝えしています。

・スマートフォン
・一眼レフやミラーレスなどのカメラ

最近のスマホは耐水のものは多いですが、さすがに持ちながら泳ぐのは大変です。
泳ぎながら写真も撮りたいので、ホテルに置いておくのもイヤですよね。

盗まれるのも嫌だし、ホテルに置いておくのも嫌な場合は、肌身離さず持っておくことをオススメします。

防水ケースが便利で良いですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

防水ケース スマホ防水ケース 防水スマホケース iPhone iPhone11 …
価格:1280円(税込、送料無料) (2020/8/23時点)

クレジットカードや現金、ルームキーと一緒に入れても良いですよね。

本当に水が入らないか心配だったのですが、使用前にティッシュを入れてお風呂で確認したところティッシュは濡れていませんでした:)

水に入れる前、留め具はしっかりと閉めたかちゃんと確認してくださいね。
そこだけ注意です!

カメラをどうしても持って行きたい場合は、スマホ同様に肌身離さず持っていましょう。
砂浜に置いておくならば、目の届くところで遊んでください。

絶対に持ってきてはいけないもの

これはホテルの金庫に入れて来てください!

・パスポート
・ブランド物(時計、スマホケース、バッグなど)
・貴金属
・子供用のゲーム電子機器
・多額の現金(なくなったら困る額)
・デビッドカード
・アルコール
・タバコ

盗難や置き引きの被害にあったら、まず帰って来ないと考えてください。
高価なものはホテルのセイフティーボックス(金庫)に入れておいて下さいね。

デビッドカードはクレジットカードと違い、お金を使われたら即引き落としをされてしまうので危険です。
利用を停めたとしても、使われた額は戻ってこない可能性もありますので注意してください。

さらに、ハワイでは公共の場での飲酒と禁煙が禁止されていますので持って行かない下さいね。
持っているだけでは罰金対象にはなりませんが、飲酒や喫煙していることがバレると最大で500ドルの罰金刑となります。

まとめ

ワイキキビーチの入り方についてお話させていただきました。

ワイキキビーチには着替えるスペースや場所がありませんので、基本ホテルで着替えることをオススメします。
チェックイン前でもフロントに言えば着替える場所を提供してくれますので、相談してみてくださいね。

また、子供でも公共の場で着替えるとマナー違反(場合によっては法律違反)となってしまうので、ビーチで着替えなければいけない時はトイレを使いましょう。

またワイキキビーチに行くとき、荷物は最小限にすることを強くオススメします。
理由は観光客を狙った盗難や置き引きが多発しているからです。

パスポート、ブランド物やゲーム機、多額の現金は金庫に預けて来てください。
また、ビーチでは禁酒・禁煙ですのでくれぐれもお酒を飲んだりタバコを吸ったりしないでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました