【最新】ハナウマ湾への行き方を攻略!初めてでも行ける道順付き

ハナウマ湾の行き方 ハナウマ湾
ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

ハナウマ湾への行き方がたくさんあって、どれがいいのか分からないよ~!

えま
えま

たくさん…?

もしかしたらホヌ美ちゃん、古い情報見てるかも…!?

この記事を書くにあたって、ハナウマ湾への行き方を調べてみたら「え!?」っと思う情報ばかりでした。

2021年に大きな変更があったのに、書かれていなかったり、公共交通機関のザバスを勧める記事が多くて、すごく疑問を持ったんです。

せっかく貴重な時間をかけて行ったのに、中に入れなかったり、思った以上に時間がかかって、全然楽しめなかったり、ビーチに行く前に疲れてしまったりするのは避けたいですよね。

でも大丈夫!

この記事では、ハナウマ湾への行き方を、ハワイ在住者で旅行会社に勤めている、私『えま』が、注意点を交えながら紹介しています。

これさえ読めば、ハナウマ湾へ行くには、どうやって行くのが1番いいのか分かりますよ。

えま
えま

どこよりも詳しく書いていますので、ぜひハナウマ湾へ行く際の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

ハナウマ湾への行き方に入る前に確認を!

ハナウマ湾への行き方を説明する前に、確認して欲しいことが1つあります!

ハナウマ湾の予約は済んでいますか?

これが抜けていると、せっかく行ったのに、入れなくなってしまう可能性があります。

2021年4月から、ハナウマ湾へ入園するには、予約が必要となりました。
正確に言うと、入園するためではなく、入園後に観る9分間の動画の予約時間です。

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

この動画を観ないと、ビーチには行けないんだって!

予約は、こちらのハナウマベイ予約サイトからできます。
ちなみに、ハナウマ湾へ行く2日前の朝7時(日本時間の早朝2時)から予約が可能です。

えま
えま

予約開始の時点で、チケットが完売してしまうので、確実に行きたい方は時間ピッタリに予約できるように準備しておいた方が良いですよ。

予約の仕方や、注意点などを解説している記事もありますので、良かったら参考にしてみてください。

【英語力不要】ハナウマ湾の予約方法を画像で分かりやすく解説!
ハナウマ湾の予約方法を、現役旅行会社社員の私が、画像付きで、どこよりも分かりやすく、丁寧に解説しています。英語が苦手な方でも、1人で予約ができるように書いています。

また、予約が取れなかった場合は、現地で当日チケットを購入することも可能です。
1日に1400人しか入れないので、予約なしで当日行く場合は、朝早めに出かけましょう。

母を連れて行ったとき、予約なしで行ったのですが、そのときの様子などを書いた記事もあります。

ハナウマ湾の予約が取れない!私が当日予約なしで行った方法を伝授
ハナウマ湾に行きたいのに、予約が取れない!母が日本からハワイに来た時、予約が取れなくて焦りました。この記事では、私がどうやって予約なしでハナウマ湾へ行ったかを紹介しています。

ハナウマ湾への行き方3選を徹底解説!

以前はツアーバスやシャトルバス、タクシー、で行くことも出来たのですが、2022年8月現在、ハナウマ湾への行き方は次の3つだけです。

・公共交通機関のザ・バス
・Uber(ウーバー)やLyft(リフト)などの配車サービス
・レンタカー(車)
ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

ツアーバスやシャトルバス、タクシーは乗り入れが禁止されているから、入れないんだね。

それぞれの行き方を、どこよりも丁寧に解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

とにかく安く行きたい

時間はかかってもいいし、労力は惜しまないから、とにかく安く行きたい!

そんな方は、ハワイの公共交通機関のThe bus(ザ・バス)で行ってみてください。

えま
えま

今現在、乗り換えなしで行けて、ハナウマ湾の駐車場へ入る22番バスが廃止になっているので、かなり大変です!

ワイキキからハナウマ湾の行き方(ザ・バス)

ワイキキの大通り、Kalakaua Ave(カラカウア通り)の1つ山側のKuhio Ave(クヒオ通り)から4つのバス停があって、1番分かりやすいのが、Kuhio Ave + Seaside Aveのバス停です。

ディスカウントストアの『ノードストロームラック』や、軽食が食べられる『デュークスレーン』、台湾風かき氷のお店『アイスモンスター』の近くにあります。

ここのバス停に23番13番2番のどれかが来たら乗車します。

23番(Hawaii Kai – Sealife Park / ハワイカイ – シーライフパーク行き)

  1. Hawaii Kai Park & Ride(ハワイカイ・パーク & ライド)で下車
  2. Keahole St + Hawaii Kai Park & Ride(ケアホレ・ストリート + ハワイカイ・パーク&ライド)のバス停に移動
  3. 1L(Hawaii Kai – Limited Stop/ハワイカイ – リミテッドストップ)に乗り換える

13番(Waikiki – UH Manoa / ワイキキ – ハワイ大学マノア校行き)

  1. Kapiolani Bl + Waialae Ave(カピオラニ・ブルバード + ワイアラエ・アベニュー)で下車
  2. 降りたバス停で、1L(Hawaii Kai – Limited Stop/ハワイカイ – リミテッドストップ)に乗車
2番(School St – Kalihi Transit Center/スクールSt – カリヒトランジットセンター

  1. Kalakaua Ave + S King St(カラカウア・アベニュー+サウスキング・ストリート)で下車
  2. S King St + Punahou St(サウスキング・ストリート+プナホウ・ストリート)に移動
  3. 1L(Hawaii Kai – Limited Stop/ハワイカイ – リミテッドストップ)のバスに乗り換える
えま
えま

1Lのバスに乗り換えたら、Lunalilo Home Rd + Kalanianaole Hwy(ルナリオ・ホームロード+カラニアナオレ・ハイウェイ交差点)で下車してください。

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

下車した後は、25分ほど歩くんだって!

ハナウマ湾からワイキキの帰り方(ザバス)

えま
えま
時間によって、最適な乗り換えの場所がちがうのですが、ここでは1番分かりやすい乗り換え順路を紹介します。
  1. 降りたバス停の向かいにあるLunalilo Home Rd + Kalanianaole Hwy(ルナリオ・ホームロード+カラニアナオレ・ハイウェイ交差点)でバスを待つ
  2. 1L(KALIHI TRANSIT CENTER/ カリヒトランジット・センター行き)のバスに乗る
  3. Lunalilo Home Rd + Opp Kalanipuu St(ルナリロ・ホームロード + オポジット カラニプウ)で下車
  4. 道路の反対側にあるバス停、Lunalilo Home Rd + Kalanipuu St(ルナリロ・ホームロード +カラニプウ)に移動
  5. 23番のバス(Ala Moana Center Via Hawaii Kai / アラモアナセンター行きハワイカイ経由)に乗り換える
  6. Kuhio Ave + Seaside Ave(クヒオ・アベニュー + シーサイド・アベニュー)に戻ってくる

注意していただきたいのが、この順路は分かりやすいだけで、オススメではないということです。

道路を渡るときは、必ず横断歩道を使ってください!
危険なだけでなく、罰金の対象になります。
えま
えま

そもそも、私はザ・バスで行くことに反対です。

ザ・バスでの移動にかかる費用

バスの運賃ですが、2022年の7月1日より、バスの運賃の値上げがあり、現金の場合は1回の乗車につき3ドルになりました。
なので今回の場合、1度バスを乗り継いでいるので、片道『3ドル×2台=6ドル』です。

下車した後、1時間半以内に乗車したら運賃を払う必要のないトランジットチケットや、1日乗り降り自由のワンデーパスは、Holoカードという、Suicaのようなカードを持っていないと利用できなくなっています。

▶Holoカードの買い方や使い方の記事(記事準備中)

ザ・バスでの移動にかかる時間

ワイキキからハナウマ湾まで、徒歩を含めて1時間20分〜40分で行けるようです。
乗車時間は、長いもので1時間ほど。

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

歩く時間は22分とGoogleマップの表示がでていたけど、ハナウマ湾周辺は坂が多いから30分はかかりそう。

ザ・バスで行くメリットとデメリット

「安いから」という理由で、よくザ・バスをオススメしている人を見かけますが、私は次の理由でオススメしていません

  • 荷物が制限される
  • 濡れていたり、砂が付いていると乗車を拒否されることがある
  • 乗車人数によっては、バスに乗れない
  • 座れるとは限らない
  • 時間通りにバスが来ないことがある
  • 感染のリスクが、他の移動手段と比べて高くなる
  • 移動時間が倍以上かかり、もったいない!

「どうしても移動にお金をかけたくないの!」という方以外は、安易にバスを使わない方が良いです。

メリット安く行ける
デリット・ビーチに日除けのテントや、傘を持って行けない
・着替えを忘れたら、濡れた水着が乾くまでバスに乗れない可能性がある
・疲れているのに、バス停まで最低でも20分は歩かないといけない
・座れない可能性がある
・感染対策意識の薄い人が、乗車していることが多々ある
・車で行けば25分で行けるのに、1時間以上もかかる
スポンサーリンク

バスも嫌、自分で運転もしたくない

ツアーバスやシャトルバスが運行していないので、自分で運転をしたくない場合は、ウーバーやリフトなどの配車サービスを利用することになります。

ウーバーやリフトで行く

メータータクシーと違って、ウーバーやリフトに乗る前に料金が分かるので、気持ちに余裕が持てます。

タクシーに乗るよりも費用は抑えられる傾向にありますが、時間帯、利用者の需要に応じて料金が変わるシステムになっています。

ワイキキからハナウマ湾まで、最大6人まで乗れるuber XLや、Lyft XLの場合、相場は41〜54ドル

通常の4人乗りの相場は、23〜31ドルです。

えま
えま

ウーバーが出始めた頃は「チップなしで利用できる」と言うのが売りだったのですが、今ではタクシー同様、チップを支払うのがマナーになっています。

ウーバーやリフトの使い方については、こちらの記事で詳しく説明していますので、参考にして下さいね。
▶︎ウーバーの乗り方(記事準備中)

ウーバーやリフトで行く時の注意点

基本的にウーバーやリフトはタクシーと比べて安いのですが、たまにとんでもなく高くなることがあります。

えま
えま

ウーバーやリフトを使いたい人が1度に集中してしまうと、相場の倍以上になることも。

また、ハナウマ湾周辺に待機している車がなければ、待機する時間が長くなるので注意が必要です。

あとは、7歳以下の子供がいる場合、安全上の理由で乗車を断られることもあります

ハワイでは、4歳未満の子供はチャイルドシートが、7歳以下の子供にはジュニアシートがハワイの法律で義務付けられています。

特にハナウマ湾に行くには、高速を乗らないと行けないので、子供と一緒に行くときはチャイルドシートを装着している車を探しましょう。

えま
えま

ドライバーの立場から言わせてもらうと、チャイルドシートがないときは子供を乗せたくありません。

例えそれが、仲のいい子供だったとしてもです。
理由は、チャイルドシートなしで子供を乗せたときの処罰が大きいから。

日本よりも厳しいんです。

ハワイの運転ルールや罰則など、詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

▶ハワイでの運転ルール(記事準備中)

ウーバーやリフトで行くメリット・デメリット

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

ウーバーやリフトはワイキキや空港周辺では良く捕まるから、「すぐに来る」と思っちゃうけど、中心部から離れるとなかなか来ないんだよね。

メリット・自分で運転する必要がない
・ホテルから目的地まで運んでくれるから楽
・荷物が積める
デメリット・時間帯によってはなかなか捕まらない
・場合によっては相場の倍以上かかる
・チップが必要
・乗車拒否をされる可能性がある

好きなだけハナウマ湾を楽しみたい

好きなだけハナウマ湾を満喫したい人は、レンタカーを借りて、車で行く方法が1番です。

えま
えま

迎えの時間を気にしないでいいので、好きなだけ遊べますし、ハナウマ湾の近くにはコストコがあるので、ばら撒き土産を買いに行くこともできます。

ヨットが停泊している海を眺めながら食事ができるレストランや、カフェもあるので帰りに寄ることも。

また、日除けのビーチパラソルやテント、ビーチに敷くタオルやゴザ、クーラーボックスに入れた冷たい飲み物 (アルコールはNG) なども、一緒に持っていくことが可能ですよ。

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

ところで、日本の免許証でも運転できるの?

えま
えま

一応、日本の免許証でも運転できることにはなっているけれど、国際免許証を取得してきた方が良いですよ!

警察に車を止められたとき、日本の免許証だと『無免許』として逮捕される可能性もあるからです。
ハワイでレンタカーを借りる予定なら、この記事は必ず読んでおいてくださいね!

▶ハワイでは日本の免許証があれば運転できる?(記事準備中)

免許証の疑問は解消されたとは言え、日本と違い運転席も、車線も反対側なので運転は緊張しますよね。

えま
えま

でも、ハナウマ湾までの道は、そこまで難しくないので、普段、日本で車を運転していれば大丈夫です。

日本でも車線変更が怖かった私が、ハワイで運転免許証を取ってから、初めて遠出したのが、ハナウマ湾の近くにあるハワイカイでした。

えま
えま

どのレーンに入れば、車線変更をあまりしないで行けるのかもお伝えするので、参考にして下さいね。

ワイキキからハナウマ湾の行き方(レンタカー)

ワイキキからハナウマ湾へレンタカーを使って行くと、だいたい26分くらいで到着します。

マリオットホテルやクイーンズ・カピオラニホテル周辺から出発すると、少し遠回りになってしまうのですが、まずは運河沿いの道路、Ala Wai Blvd (アラワイ・ブルバード) に出ましょう。

アラワイ・ブルバードに入ったら、1番右のレーンに入って、そのまま直進してください。
右折専用レーンを使って、McCully St(マッカリー・ストリート)に入ります。

自転車に注意しながら、1番右のレーンに入って、信号を右折し、Kapiolani Blvd(カピオラニ・ブルバード)に入ります。
右折しただけだと、直進専用レーンになってしまうので、必ず右のレーンに入ってくださいね。

カピオラニ・ブルバードに入ったら、今度は1番左のレーンに入りましょう。
左のレーンに入ったら、しばらく直進します。

歩道橋が見えてきたら、左2車線の左折専用レーンに入ります。
左側に入っておくと、フリーウェイに乗るとき少し楽です。

左折して、フリーウェイ(高速道路)のランプに入ります。
進入するとき、青い『EAST H-1』と書かれた表札が、右側に見えます。

フリーウェイと合流します。
左後ろから来る車に注意してくださいね。

合流できたら、そのままフリーウェイを直進します。
合流したレーンのままでも良いですが、フリーウェイを降りた後に、バスや路駐している車があることがあるので、真ん中のレーンにいるとスムーズに走れます。

しばらく走ると、フリーウェイが終わって、一般道に切り替わります。
時速35マイルに戻るので、スピードを落としながら直進してくださいね。

途中で橋を渡ります。
もし、1番右の車線にいなかったら、入れるタイミングで車線変更しておきましょう。

しばらく直進していると、交差点があります。
そのまま真っ直ぐ進みましょう。
左車線は、左折専用なので、必ず右側のレーンにいてください。

緩やかな坂を登っている途中に、Hanauma Bay(ハナウマ湾)の緑色のサインが、右側に出てきます。
あともうちょっとです。

2つ目の、黄色い『歩行者注意』標識で右にUの字に曲がります。

ゲートで係の人に予約が出来ているか、聞かれるので済んでいることを伝えましょう。

予約をしていない場合、上限が過ぎていなければ入ることができるので、係りの人の案内に従ってください。

予約なしで行った時の体験談を、記事にしたものもあるので、興味のある方はこちらもどうぞ
▶ハナウマ湾の予約が取れないから、予約なしで突撃してみた(記事準備中)

坂道を下ると道が左右に分かれているので、に行きましょう。

駐車場の料金を払う小屋があるので、そこでお金を払います。
現金(3ドル)を用意しておくとスムーズです。

カマアイナ(ハワイ在住者)は運転免許証などの公的なIDを見せると、1ドルになります。

お疲れ様でした。
空いているところに車を停めましょう。

レンタカーの移動にかかる費用

レンタカーでかかる費用は、250ドルくらいで見積もっておくと、良いと思います。

・レンタカー代 + 保険: 平均で202ドル
・ガソリン代:1ガロン(3.89L)4.60~5.80ドル
えま
えま

今のハワイは、多くのレンタカー会社が、車を手放してしまったので、品薄状態になっています。そのため、以前よりもレンタカー代が高価なんです。

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

しかもガソリンの値段も以前と比べて、1.5~2倍になってるんだよね。

ガソリンを入れる場所や、ガソリンスタンドによって1ドル以上違うこともあるので、ガソリン代を少しでも節約したい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

▶ハワイのガソリンスタンド(記事準備中)

レンタカーで行くデメリット

レンタカーは自由が効くので便利ですが、デメリットももちろんあります。
私の考えるレンタカーのデメリットはこちら。

・右車線走行の運転に慣れていない
・渋滞している道を運転する可能性がある
・駐車場が空いていないこともある

ハワイカイからワイキキに帰る道は、途中まで1本しかないんです。

帰る時間を間違えてしまうと、渋滞の中、運転しないといけません。

えま
えま

万が一混んでいても、ハワイカイにはコストコやオシャレなカフェ、港を眺めながら地ビールを楽しめるレストランなどもありますので、時間を潰してから帰ることも可能ですよ。

ハワイカイのオススメスポットを紹介している記事もあるので、良かったら参考にして、立ち寄ってみてくださいね。

▶ハワイカイのおすすめスポット3選(記事準備中)

駐車場に関しては、予約時間関係なく、朝早く行ってスポットを押さえるしかありません。

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

チケットを予約してても、駐車できないことがあるなんて…。

えま
えま

ちなみに、私が行ったときは8時に到着しましたが、半分は埋まっていました。
結構みんな朝早い。

もしもパーキングが埋まっていた場合、超絶ハードなトレッキングコースで有名な『ココヘッド・クレーター』の駐車場が1番近いです。

10分ほど歩くことにはなりますが、違反して車をレッカー車で持っていかれるよりは良いですよね。

ココヘッドのトレッキングコースが気になってしまったあなたは、この記事を読んでみましょう。
アラサーで運動不足の私が、ココヘッドを登った時の体験談が書かれています。

▶ココヘッドのトレッキングコース(記事準備中)

ハナウマ湾に行くなら○○の日焼け止め

ハナウマ湾に行くのなら、忘れてはいけないのが、リーフセーフの日焼け止めです。

一般的な日焼け止めと何が違うのかと言うと、リーフセーフの日焼け止めには、サンゴを石化させる成分が入っていないんです。

ハワイには多くのリーフセーフ(リーフフレンドリー)の日焼け止めがあるのですが、塗ると小梅太夫のように白くなったり、髪の毛が塗ったところにベタベタと張り付いたり、スマホに指紋がべっとり付いたりと、使いづらいです。

日本でも購入できないか確認してみたら、ビーチにピッタリなものを見つけました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GO NATURE サンスクリーン・クリーム SPF50+ PA++++ 海に優…
価格:3300円(税込、送料別) (2022/8/23時点)

楽天で購入

 

環境や肌に優しいだけじゃなくて、水や汗にも強くて、白浮きもしにくいので1本持っていると安心ですね。

えま
えま

サラッとした使用感で、白浮きしないのはポイントが高いです。

まとめ

2022年8月現在、ハナウマ湾への行き方は3通りありました。

1つは公共交通機関のThe bus(ザバス)を利用すること、もう1つはUbe(ウーバー)Lyft(リフト)などの配車サービスを利用すること。

そして最後に、レンタカーを借りて利用することでした。

私のオススメはレンタカー。
車を運転してハナウマ湾へ行く方法です。

左ハンドルで右車線を走らなくてはいけないので、初めは怖いかもしれませんが、ハナウマ湾までは直線が多いので、日本で運転できていれば問題ありません。

たくさん荷物が積めますし、自分の好きなだけハナウマ湾に滞在できるので、いいですよ。

えま
えま

何よりワイキキから、片道約30分もかけて行くのですから、たっぷりと楽しまないと損です!

でも、もしハナウマ湾でバシャバシャ泳いだり、浮き輪でプカプカ浮いたりすることを考えているなら、ハナウマ湾じゃない方が良いかもしれないです。

ここに書くと長くなってしまうので、詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

▶ハナウマ湾基本情報(記事準備中)

ハナウマ湾の近くにある町、ハワイカイにはオシャレなカフェやレストランがあるので、車で行けば立ち寄ることも可能です。

▶ハワイカイに行くなら行って欲しいスポットリスト(記事準備中)

ホヌ美ちゃん
ホヌ美ちゃん

もし、海外で運転することが怖ければ、迷わずUberまたはLyftを利用してね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました