セーフ トラベルズ アプリケーションとは?登録方法は?【ハワイ旅行で必須】

書類申請 トレンド

2020年9月1日から、ハワイに入国するときにセーフ・トラベルズ・アプリケーションを事前に登録することが必須となりました。

・セーフ・トラベルズ・アプリケーションって何?
・いつまでに登録すればいいの?
・どうやって登録するの?
・子供は免除になる?
・ハワイに行くときこのアプリケーションをどうすればいいの?

など疑問に思ったことを調べて、まとめましたので参考にしてくださいね。

セーフ トラベルズ アプリケーションとは

セーフ トラベルズ アプリケーション(Safe Travels Application)とはハワイ州に提出する旅行情報や健康情報です。

Safe Travels Applicationの登録ページでホテルやコンドミニアムなどの滞在先の住所や、体温や体調といった情報を記入します。

2020年8月31日まではハワイに到着後、空港で記入して提出していました。

旅行者が少ないうちは現地で対応できますが、観光が再開したら入国するのに半日はかかってしまいそうです…。

今まで空港で書いていたものを、ハワイに到着する前に記入するので時間短縮になりますね。

また、今までは島同士の移動やハワイ州外から来る人たちは除外されていましたが、今回からは対象となりました。

例えばハワイ島からオアフ島へ移動する場合や、カリフォルニア州からハワイ州に入る場合などでも情報の提供が必要となります。

このアプリケーションには本土から旅行しに来て14日間の隔離期間を守らない人がいたので、そのような人たちから期間を守っている旅行者やハワイの居住者たちを守る役割があります。

セーフ トラベルズ アプリケーションの登録方法

登録はこちらのハワイ州観光局が特設した【Safe Travels Application】登録ページ で行えます。
https://travel.hawaii.gov/

18歳以上の方は一人ひとつアカウントを登録する必要があります。

18歳未満の方は、18歳以上の同行者のアカウントに紐付けます。
そのやり方は後ほど説明させていただきますね。

アカウントの作成

セーフトラベルズアプリケーション

まず、アカウントを新規作成(Create an account)します。

GoogleアカウントやFacebookアカウントがあれば氏名や生年月日などの基本情報を入力する手間が省けます。

アカウント作成後、ログインをして必要事項を入力していきます。

「*」は必ず入力をする必要があります。
入力が終わったら下の方にある「Submit」をクリックします。

About You

*First name: 名前 (例:Hanako)
Middle name: ミドルネーム(ある人だけ)
*Last name: 苗字 (例:Suzuki)
Gender: 性別 (Male:男/ Female:女/ Non-Binary)
*Date of Birth: 誕生日
*Resident/Visitor: 居住者/観光客
Country of Citizenship: 出生国 (例:Japan)
Race/Ethnicity: 人種(例:Asian)
What industry do you work in?: 職種
ex…health, constraction, retail
Country code of Primary Contact Telephone:携帯電話の国番号(例:+81 Japan)
*Primary Contact Telephone: 携帯電話番号(ハワイで連絡が通じる番号)

Verify(承認)

承認コードが”Primary Contact Telephone”で登録した番号宛にSMS(ショートメッセージ)が送られてきます。

Secondary Contact Telephone:携帯電話番号(他に連絡が通じる携帯があれば)

Would you like to receive SMS…Yes/No
 ハワイ州からHealth Questionnaireの入力通知をSMSで受け取りたい⇒Yes
 受け取りたくない⇒No

*Email
(アカウント作成時に登録したEメールアドレスが表示されます)
*Confirm Email
(同じメールアドレスを入力)

Traveler Home Address

あなた(ハワイへの渡航者)の家の住所を記入していきます。
例えば”〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9番地1号”に住んでいる人の場合、(例)のように記入します。

*Street Address: 番地以降 (例:1-9-1 Marunouchi)
*City/Town: 市/町 (例: Chiyoda-ku)
*State: 州/都道府県 (例: Tokyo)
*Zip Code/Postal code: 郵便番号(例: 100-0005)

Travel Party Members

アカウントを作るには18歳以上でないと作れませんが、17歳以下の方は代表者のアカウントに登録することができます。

例えばお父さん、お母さん、3歳と7歳の子供2人の4人家族で行く場合は子供の名前や生年月日などの情報をお父さん(またはお母さん)のアカウントに紐付けます。

紐付けるときは「+Travel Party Member」をクリックして、同行者の情報を入力します。

*First name: 名前 (例:Hanako)
Middle name: ミドルネーム(ある人だけ)
*Last name: 苗字 (例:Suzuki)
Gender: 性別 (Male:男/ Female:女/ Non-Binary:どちらにも当てはまらない)
*Relationship: 関係 (Child: 子供/ Unaccompanied Minor: 同伴者なしの未成年/ Other:その他)
*Date of Birth: 誕生日
*Resident/Visitor: 居住者/観光客
Country of Citizenship: 出生国 (例:Japan)
Race/Ethnicity: 人種(例:Asian)

18歳未満が何人かいるときは、人数分の情報を用意します。

例えば14歳と17歳、18歳の子供がいた場合、お父さん(またはお母さん)のアカウントに登録が必要なのは14歳と17歳の2人です。
18歳の子供は自分のアカウントが必要です。

2人目以降は「Add New Travel Member」で追加していきます。

Trips

次に旅行情報を入力していきます。

セーフトラベルズアプリケーションホーム画面

ホーム画面にある「Trips」(飛行機の)アイコンをクリックします。

「+Add Trip」を選択して必要事項を入力していきます。

*Hawaii Arriving Date: ハワイ到着日
*Departing From: 出発地
*Departing To: 目的地
*Airline: 航空会社
*Flight Number: フライト番号
*Government ID Type: 政府が発行しているIDのタイプ(例:Passport)
*ID Number: ID番号(例:パスポート番号)
*Reason for Trip: 渡航の目的
Name of the location: 滞在先(例: Sheraton Waikiki)
Street Address: 滞在先のストリートアドレス(例: 2255 Kalakaua Avenue)
Unit/Room/Apartment Number: 宿泊先の部屋番号(例: 1401)
City: 宿泊先の都市名 (例:Honolulu)
Zip Code: 宿泊先のジップコード (例:96815)
Phone Number: 宿泊先の電話番号 (例:808-922-4422)
Travel Party Members: 同行者の選択

Health Questionnaire

健康状態についての情報は、出国の24時間を切らないと入力できません

例えば10月31日に日本を出発する場合、10月30日にならないと「Health Questionnaire」のアイコンを押しても入力する画面にはいきません。

セーフトラベルズアプリケーションホーム画面

入力ができるようになったら、About Youで入力した携帯電話番号、またはEmailアドレスに連絡が来ます。

連絡が来てから入力画面へいきましょう。

*Do you feel ill now?: 体調が良くないですか?
 良い⇒Yes
 悪い⇒No
*Have you had a flu vaccine?: インフルエンザのワクチンを打ちましたか?
 はい⇒Yes
 いいえ⇒No
*Have you taken a medicine (e.g., Tylenol or ibuprofen) in the last 24 hours to bring your fever down?: 24時間以内に解熱剤を摂取しましたか?
 はい⇒Yes
 いいえ⇒No
*Have you signed a 14-day quarantine order that is currently in effect?: 14日間の自主隔離期間についての書類にサインしましたか?
 はい⇒Yes
 いいえ⇒No
*Have you traveled outside of the State of Hawaii (other than your home state if not a Hawaii resident) in the last 14 days?: 過去14日間にハワイ州以外に渡航しましたか?
 はい⇒Yes
 いいえ⇒No

全ての質問に答えた後、「Submit」をクリックします。

セーフ トラベルズ アプリケーションの登録後

Health Questionnaire(健康に関する情報)の情報を記入して、「Submit」をすると登録したEmailアドレスにQRコードが送られてきます。

QRコード

このQRコードがないとハワイに入国できませんのでQRコードをプリントアウトするか、スマートフォンにカメラロール(写真フォルダ)へダウンロードしておきます。

グローバルWi-Fiをレンタルする予定がないのであれば、プリントアウトで持って行ったほうが安全だと思います。

空港にもWi-Fiは飛んでいますが接続できなかったときQRコードを出すことができなくなってしまうので…。

ハワイ入国後

2020年9月30日までハワイへの渡航者は14日間の自主隔離が必要です。

セーフ・トラベルズ・アプリケーションは渡航者の情報を管理するものですので、隔離期間が免除されるものではありません

ですので、ハワイ入国後から14日間は「Trip」で入力した滞在先の部屋からは、体調不良で病院へ行く以外出られません。

そして、ハワイへ入国した翌日から、セーフ トラベルズ アプリケーションの「Daily Check-ins」にて滞在先にいることの登録をします。

セーフトラベルズアプリケーションホーム画面

例えば9月17日にハワイに到着したとしたら、18日から「Daily Check-ins」を登録していきます。
そしてこのCheck-insが終了するのは9月30日です。

ハワイへ持って行かなければいけないもの

これを忘れてしまうとハワイへ行けなかったり、ペナルティ(罰金最大$5000または1年の懲役)が科されたりします。

必ず肌身離さず持っていてください。

・QRコード
・政府が発行しているID(パスポートがいいです。)
・連絡が取れる(通話ができる)携帯電話が必要です。

もし、14日間の隔離期間免除の書類や証明ができるものがあればそれも常に持ち歩いてください。

英語ではありますが、ハワイの観光局が作成した登録のプロセスの動画がありますので、併せてご確認ください。
>>セーフトラベルズアプリケーションの登録手順(英語/動画)

まとめ

2020年9月1日からハワイへ行くのに必要となったセーフ・トラベルズ・アプリケーション。
一体セーフ トラベルズ アプリケーションとは何なのかということをまず共有させていただきました。

登録するにはまずhttps://travel.hawaii.govでアカウントの作成が必要でしたね。

GoogleアカウントやFacebookのアカウントがあれば、新しくアカウントを作るよりも入力する項目が減りますので、もしどちらかのアカウントがあればそれを使っても大丈夫ですよ。

18歳以上のハワイへの渡航者は全員アカウントを作ることが必須となりますので、ハワイへ出発する前に必ず作成してくださいね。
また17歳以下の方は18歳以上の同行者のアカウントにデータを紐付けましょう。

そして旅行情報(滞在先の情報など)と健康情報を登録して、QRコードをゲットします。
このQRコードがないとハワイへは入国できませんので、プリントアウトするか、スマートフォンでオフラインでも見られるようにしてください。

入国後の翌日からはチェックインを忘れずに行いましょう。

一点ご注意いただきたいことは、9月30日までは免除の資格のある渡航者以外、全渡航者が14日間の隔離対象となっています。
このアプリケーションの登録があっても14日間の自主隔離は免除になりません。

10月からこの自主隔離を撤廃する予定ですが、新規感染者数によっては延びるかもしれません。

もうこれ以上観光の再開が延びないように祈るばかりです!

旅行が再開したら、思いっきりハワイを楽しみましょうね 🙂
ハワイ(オアフ島)の観光名所について書いた記事もありますので参考にしてください。
ワイキキビーチの穴場、周辺情報やアラモアナセンター周辺のレストラン情報などまとめてあります。

ワイキキビーチのアクセス方法や穴場ビーチを紹介!歴史は意外と浅かった!?

アラモアナショッピングセンターの営業時間は?日祝日、年末年始に注意!行き方や見どころも紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました