アラモアナショッピングセンターのフードコート マカイ ラナイ 白木屋を攻略!

フードコートのイラスト アラモアナ

アラモアナショッピングセンターには3種類のフードコートがあります。
一番古くからある「マカイ・マーケット・フードコート」、2017年に新しくオープンした「ラナイ」、日本食テーマパークを目指して作られた「シロキヤ・ビレッジ」です。

ローカルの雰囲気も味わえるし、レストランで食事をするより食事代を抑えることもできるので旅行者の方にも嬉しいことがいっぱいですよね。

アラモアナショッピングセンターにあるフードコートのそれぞれの場所や特徴、どんなお店が揃っているのかを簡単に紹介させていただきます。

まずはどこにどんなお店があるのか知って、旅行に役立てましょう!

アラモアナ最大のフードコートと言えばマカイ

ここのフードコートは1500席あり、アラモアナセンター内で一番大きくて歴史があります。
ハワイアンローカルフードやアメリカン、イタリアン、中華、ラーメン、デザートも揃っているので老若男女問わず人気のあるフードコートです。

マカイと聞くとどうしても「魔界」と変換してしまうのですが、マカイはハワイ語で「海」という意味があります。

名前の通り、アラモアナショッピングセンターの海側にあるフードコートです。
トローリーのピンクラインの停車場所から徒歩30秒くらいの場所にあります。

高級デパートのニーマンマーカスの下にあるので、2階以上から探す場合はまずニーマンマーカスを目指してください。
ヒルトングランドバケーションが運営しているアラモアナセンター案内所のニーマンマーカス側にあるエスカレーターから降りれば目の前にあります。

2020年7月現在、入っているお店は次の38店舗です。

ハワイアンローカルフード
・アラモアナ・ポイ・ボウル
・ブルーウォーターシュリンプ・ハワイ
・ポケ&ボックス
・ホノルル・スシ
・ラハイナ・チキンアメリカン
・ジョリビー(フィリピン発症のファーストフード)
・ステーキ&フィッシュ・カンパニー
・チーズバーガー・ファクトリー
・チャーリーズ・フィリー・ステーキ
・パラダイス・カフェ(サンドイッチ)
・サブウェイ(サンドイッチ)

メキシカン
・セニョールペペ

イタリアン
・スバーロ
・ママズ・スパゲッティ・ハウス

中華
・パンダ・エクスプレス

韓国
・Aja寿司&弁当
・マンヤ・ミヨン
・ミョン・ラン・ライス・ホットドッグ・ハワイ
・ヤミー・コリアンBBQ

ジャパニーズ&ラーメン
・カレーハウスCoCo壱番屋
・ステーキてっぺい
・ヒバチ・サン・ジャパニーズ・レストラン
・ラーメン・バリオ
・長崎ちゃんぽんリンガーハット
・浪花屋ラーメン

東南アジア
・シングマテイ
・リトルカフェ・サイアム

デザート&ドリンク
・アイランド・クレープ&レモネード
・アンティ・アンズ
・ザ・コーヒーリーフ&ティーリーフ
・ザグ・オリジナル・クリスタル&パール
・シナボン
・ジャンバジュース
・ミソミソ・ソフトサーブ&たい焼き
・ハーゲンダッツ
・ビアードパパ&トッティーキャンディカンパニー
・ホノルル・クッキー・カンパニー
・ミスター・ティー・カフェ

アラモアナ最新のフードコートと言えばラナイ

2017年の10月にオープンした現在アラモアナで一番新しいフードコートがラナイ@アラモアナセンターです。
メイシーズとスターバックスの正面にあります。

他の2店舗と違い、日に当たる場所なので開放的な雰囲気があります。
また、フードコートの外(メイシーズ側出入口とそばやの近く)にもイスとテーブルがあり、そこで食事を取ることができます。

子供用のハイチェアーも数に限りがありますが用意がされています。
(だいたい柱の近くに置いてあります。)

スポーツ観戦をしながらお酒が飲めるバーも併設されています。

出店しているお店は全部で12店舗あります。

・マハロハバーガー
・ハイティーカフェ(アジア料理とボバティー)
・ダ・スポット(多国籍料理)
・アイクズ・ラブ&サンドイッチ
・ブルグ(パン屋)
・鉄板焼きファーマー
・アヒ&ベジタブル(ポケ)
・ソウル・ミックス2.0
・むすびカフェいやす夢
・そばや
・アガヴェ&ヴァイン(バー)
・アンクル・クレイズ・ハウス・オブ・ピュアアロハ(スイーツ)

アラモアナでエンターテインメント性フードコートと言えば白木屋(シロキヤ)

厳密に言うとシロキヤ・ジャパン・ビレッジ・ウォークはフードコートではなく、食事のテーマパークなのですが、今回フードコートのくくりで紹介させていただきます。

白木屋はメイシーズのあるエリアとは真逆に位置するエヴァ・ウィング1階にあります。
コーチとトリーバーチの間にあるエスカレーターを下ると左右どちらにもシロキヤの出入口があります。

HISのトローリー(降車口)がシロキヤの目の前にあり、JTBのトローリー停留所も徒歩30秒の位置にありますよ。
ちなみにJTBのサポートデスク(オリオリステーション)を出て右に建物沿いに進むと行きつきます。

シロキヤビレッジ内の席は空いているところどこでも座ることができて、色々なお店のものを少しずつ注文できるところがフードコートのようですよね。

出店しているお店は37店舗あります。

グルメプラザ

特別価格でハイクオリティのご飯が食べられるをコンセプトに6種類の(アメリカ人好みの)日本食が楽しめます。

・寿司さかな定食
・寄せ鍋
・ビーフカツ、ビーフステーキ
・すき焼き
・東京パスタ
・東京ラーメン

ラーメン・うどん・そば

・ちゃんぽん亭
・うさぎや(うどん・そば・むすび・天ぷら)
・満一 威風堂々(豚骨ラーメン)
・賀正軒(豚骨ラーメン)
・香味徳(牛骨ラーメン)
・ラーメン大野屋(まぜそば・カレーラーメン)
・うろん 釜”だし(博多うどん)

寿司・むすび・弁当・惣菜

・彦太郎(惣菜)
・Toyo Sushi
・むすびカフェいやす夢
・Ten to Ten(寿司・刺身・サラダ・弁当)

お酒・居酒屋

5ヶ所にアルコールを提供するカウンターがあります。
(日本人は若く見られがちなので、パスポートのコピーを持ち歩いておくと安心ですよ。)
日本と違って飲酒は21歳からなので、ご注意くださいね。

カウンターではCoors Light,ハイネケン,サッポロなどのドラフトビールだけでなく、ワインや日本酒、焼酎も用意があります。

居酒屋カテゴリーからはこの2店が出店しています。
・ププ・ダイニング・エンギヤ
・濱松 たんと

その他日本食

・カレーファクトリーKANKURO
・たこ焼き山ちゃん
・銀座ハゲ天
・天ぷら富士&明香苑
・焼肉牛太郎
・みやこんじょ(宮崎県郷土料理)

ローカル・アジア

・Vons Best Chiken(韓国フライドチキン)
・Good Kitchen(シーフード・ステーキ・パスタ)
・S&S Thai Kitchen(オーガニックタイ料理)
・Piggy’s Place(ローカルプレート)
・Wacky Dog(ホットドッグ)

スイーツ・パン・ドリンク

・ベーカリー&テーブル(パン屋)
・クルクル(ケーキ)
・レモン・サプライ(レモネード)
・マリオンクレープ
・カザン・クラフト(クラフトコーヒー)
・ジュースファクトリー(ボバティー)
・フジヤハワイ(餅、あられ)

土日祝日には白木屋の奥にあるステージで地元アーティストのライブ演奏があり、ローカル客と観光客で盛り上がっているところも白木屋の魅力です。
またステージの奥には巨大なガチャガチャがいくつもあり、ガチャのポイントをためて景品と交換したり、ビールと交換したり、系列店のヴィンテージ・ケーブ・カフェの食事の会計で使えたりします。

ちなみにハズレや入れたお金以下になってしまうとギャンブルになってしまい違法なので、絶対に入れた額以下にはなりませんので安心してくださいね。
(単純計算ですが、$10でガチャポンをして、$20当たれば$1ビールが倍の20杯飲めてしまいます!)

まとめ

アラモアナのフードコートには3種類あってそれぞれ雰囲気や入っているお店が違います。
マカイは色々な国の料理を楽しめる場所、ラナイはハワイ産のものを扱うお店が多く、カウンターバーがあるフードコート。
そして白木屋ジャパンビレッジウォークはローカルが集まる日本食とビールが気軽に楽しめるフードテーマパークです。

ぜひ実際に行ってみて雰囲気を感じてください。
特に土日祝日のシロキヤのランチタイムはローカルもたくさんいて面白いですよ。
だいたいロコのみなさんは「すき焼き」を食べています。

気になるお店や行ってきた感想などありましたらコメント欄に書いてくださいね。

Mahalo☻

コメント

タイトルとURLをコピーしました