アラモアナショッピングセンターのマップの見方を知って上手に回ろう!

道に迷う人 アラモアナ

アラモアナショッピングセンターには約350ものお店が入っています。
アラモアナセンター公式サイトでお店の名前をクリックすると何階のどこにあるか青く表示されますが、データが重いためスマートフォンでは上手く表示されなかったり、PCでも表示されるまで時間がかかったりします。

もちろんショッピングセンター内には館内マップが配置されていますし、紙のマップもあります。
ただ、お店が350店舗近くあるのでマップを見てもお店を上手く見つけられなかったり、自分がどこにいるのかも分からなくなってしまいますよね。

そこでマップを見たときにどう行けばいいのか分かるようになる方法を紹介させていただきます。

アラモアナショッピングセンターで位置を知るために最低限抑えておくと便利なメイシーズの場所とノードストロームの場所についても詳しく書いてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

アラモアナショッピングセンターのマップを見る上で知っておきたいこと3つ

まずアラモアナショッピングセンターのマップを見る上で知っておきたいことが3つあります。

まず一つ目が「ダイヤモンドヘッドウィング」と「エヴァウィング」です。
二つ目が「海側(マカイ)」と「山側(マウカ)」。
そして三つ目にフロアごとにどんなお店があるのかのイメージです。

詳しく説明していきますね。

ダイヤモンドヘッドとエヴァ

ホノルルの人は東と西を示すときに東の方角をダイヤモンドヘッド、西の方角をエヴァと言います。
(エヴァはオアフ島の西部にある地名です。)

それになぞらえて、アラモアナセンターの真ん中にあるステージを中心に東西に分けて、「ダイヤモンドヘッドウィング」と「エヴァウィング」と名前が付いています。

ダイヤモンドヘッドウィングの一番端にはメイシーズが、エヴァウィングの一番端にはノードストロームがあります。
とりあえず、ダイヤモンドヘッドはメイシーズの方で、エヴァはノードストロームの方ということを覚えましょう!

(メイシーズとノードストロームの詳細な場所については別の章で紹介しますね。)

マカイとマウカ

マカイ(海側)とマウカ(山側)も方角を表す言葉です。
マカイが南でマウカが北を指しています。

文字通りアラモアナセンターの海側にあるエリアをマカイ(海側)、山側にあるエリアをマウカ(山側)とマップには記載されています。

アラモアナセンターの1階にあるマカイ・マーケット・フードコートの「マカイ」はもちろん海(側)という意味です。
(モールと反対側から出るとアラモアナビーチパーク側に出ます。)

マカイサイド(海側)にある大きな目印になるのはニーマンマーカスとブルーミングデールズです。
その逆側にあるのがマウカサイド(山側)になります。

またターゲットのあるエリアをマウカウィングと呼んでいます。

フロアごとのイメージ

アラモアナセンターには1階から4階まであります。

1階

1階はフードランド・ファームズやマカイフードコート、白木屋、センターステージ、郵便局、JTBのオリオリステーションなどがあります。
センターステージ周辺にはルピシアやビッグアイランドクッキーズ、アイランドビンテージコーヒーなどのお店があります。

日本から撤退してしまったビーチサンダルが安く買えるでおなじみのオールドネイビーとオモチャや日用品、洋服などが安く買えるロス・ドレス・フォー・レスはエヴァウィングのマカイサイド(海側)にありますよ。

反対のマウカサイド(山側)にもロス・ドレス・フォー・レスのようなお店、マーシャルズがあります。

2階

2階にはハイブランドや宝石やアクセサリーのお店が並んでいます。
マウカウィングの奥には日用雑貨や食品、衣料品などが購入できるスーパー、ターゲットがあります。

中央にはグッチ、プラダ、シャネル、ルイヴィトン、ティファニー、ハリーウィンストンなどが並んでいます。

ハリーウィンストンの先、マウカウィングにはターゲットがありますが、ターゲットまでの通路にお店があります。
ジョンマスターオーガニック、トミーバハマ、パンドラなどのお店があります。
アサイーボウルが有名なブルーハワイ・ライフスタイル・ハワイもこのフロアにあります。

3階

スポーツウェアやローカルブランドのお店や靴、子供服など取り揃えたお店があります。
また、子供に人気のゲームセンターとレストランが一緒になった「ラッキーストライク・ソーシャル」もあります。
ここではよく子供のお誕生日会の会場になっています。

他のフロアと比べてファミリーで楽しめるフロアなイメージです。

4階

ホオキパテラスとも呼ばれるレストランフロアです。
ここへ行くには中央のエレベーターを使うか、エスカレーターで上がれます。

家庭イタリアン料理が食べられるレストランのロマノズ・マカロニ・グリル、絶品飲茶が食べられるジェイドダイナスティ・シーフードレストラン、焼き肉が食べ放題のGENコリアンBBQ、パフォーマンスがスゴい鉄板焼きの田中オブ東京、ベトナム料理のママフォー、他にもカリフォルニアピザキッチン、ババガンプ・シュリンプ、アイランドファインバーガー&ドリンクがあります。

またホオキパテラスの中心にマイタイバーがあります。
17時以降に入店するときは年齢確認が必要になりますので、パスポートのコピーなど年齢確認が取れるものは持参しててください。

レストラン以外にも最新型のシューティングゲームが楽しめるエクストリーム7Dダークライトやメガネやコンタクトレンズが買えるレンズクラフターズ、ハワイアン柄のプリント生地を使った洋服や小物が買えるカフラレアもあります。

アラモアナセンターのメイシーズの場所

ダイヤモンドヘッドウィングの最も東にあるのがメイシーズです。
1階から3階までフロアがあります。

アラモアナホテルに宿泊している方は連絡通路がメイシーズ2階に通じているので、覚えておきましょう。

メイシーズのあるダイヤモンドヘッドウィングにどういったお店が集結しているかというと…、

1階

本屋さんのバーン&ノーブルズ・ブックセラー、日本人スタッフがいてメガネやコンタクトレンズが作れるパリミキ、ブックオフの姉妹店でブランド品やアロハシャツなどが買えるリサイクルショップのエコタウン・セレクト、会員制のラウンジ兼レストランのヴィンテージ・ケーブ・クラブなどがあります。

2階

フードコートのラナイ@アラモアナセンター、ハワイアンジュエリーのマウイ・ダイバーズ・ジュエリー、ハワイアンローカルデザイナーの雑貨が揃ったサンドピープルやマーティン&マッカーサー、老舗のアロハシャツ店のレインスプーナやトリリチャード、色んな香りの石鹸やサニタイザーがあるバス&ボディワークスなどがあります。

アップルストアやマイクロソフト、サマンサタバサ、オメガ、ブルガリ、コールハン、ロレックス、などの有名ブランド店もあります。

3階

ラコステ、スワロフスキーのブランドのお店も少しありますが、ホリスター、パックサン、アバクロンビーキッズなどのアメリカンカジュアルのアパレル店や、ヴァンズ、シューパレスなどスニーカーが揃う靴屋さんなどもあります。

マウカウィング

メイシーズから中央に向かって、ルイヴィトンを右に曲がるとマウカウィングがあります。

セレクトショップのアンソポロジー、クッキング雑貨があるウィリアムズ・ソノマ、子供服のジャニー&ジャック、ラッキーブランド・ジーンズ、インスタ映えするフレッシュミルクを使ったソフトクリームが食べられるアロハコンフェクショナリーなどがあります。

アラモアナセンターのノードストロームの場所

アラモアナセンターのノードストロームがある場所はメイシーズと反対方向、一番西側にあります。

JTBのオリオリステーションやトロリー乗場、HISのLeaLeaトローリーの乗降車がノードストロームのあるエヴァウィングにあります。

メイシーズのあるダイヤモンドヘッドウィングよりエヴァウィングの方が広いのでお店がたくさんあります。
どういうお店があるかというと…。

1階

海側(マカイサイド)にはアラモアナセンター最大のマカイフードコートやJTBのオリオリステーション、コールドプレスジュースを販売しているプレスド・ジューサリー、アフタヌーンティーが破格の値段で楽しめるヴィンテージケーブカフェ、オールドネイビーやロス・ドレス・フォー・レスなどがあります。

山側(マウカサイド)には郵便局やクリーニング店、スターバックス、リサイクルショップのマーシャルズ、ナチュラルサプリメントなどを取り扱うヴィム&ヴィガーなどがあります。
ちなみにLeaLeaの乗車位置は山側のスターバックス近くにあります。

2階

2階にはバレンシアガ、モンクレール、ジミーチュウ、ドルチェ&ガッバーナ、ミュウミュウ、テッド・ベイカー、ケイト・スペード、ディオール、エルメス、コーチ、トリーバーチなどのハイブランドショップや、ディズニーストア、ユニクロ、ザラなどのお店も並んでいます。

また女性が行きたいメイク商品やスキンケアアイテムが買えるM.A.C、セフォラ、キールズ、ロクシタンや下着や部屋着が揃うピンク、ヴィクトリアシークレットのお店があるのもこちらのエヴァウィングです。

また薬局でもありお土産も豊富なロングス・ドラッグスもありますのでぜひ探索してみてくださいね。

マカイサイド(海側)にはステーキハウスのモートンズが、マウカサイド(山側)にはジャンバジュースや野菜がたっぷり取れて大満足なシャブヤ、ビーフカツサンドが人気の六角浜かつ、休日はロコが行列をつくる元気寿司など食事ができるところもありますよ。

3階

3階にはオモチャ屋さんのゴー!カレンダーゴー!やレゴストア、クレアーズなど子供向けのお店や、アイランドブリュー・コーヒーハウスやホノルル・コーヒーカンパニーなどハワイ産の豆を使ったおいしいコーヒーが飲めるお店、100%ハワイ産のサンダルショップのアイランドスリッパ、ハワイの香りが閉じ込められたルームフレグランスがあるマリエ、その他もローカルブランドやサーフショップなどで賑わっています。

また、ユニクロの向かいに楽天ラウンジがあり、楽天カードを持っているだけで無料で利用ができるので大変便利です。

まとめ

アラモアナショッピングセンターのマップを攻略するためにとさえておくと便利になる3つのことをお伝えさせて頂きました。

まずアラモアナセンターは中央を東と西とに分けてダイヤモンドヘッドウィング、エヴァウィングと呼んでいましたね。
ダイヤモンドヘッドウィングの端には何があったか覚えていますか?

そう、メイシーズですね。
メイシーズの場所はアラモアナセンターダイヤモンドヘッドウィングの一番東にありましたね。

なので一番西側にあるのがノードストロームです。
ノードストロームがあるエリアをエヴァウィングと呼びましたね。

そして南北を表す海側、フードコートの名前にもなっているマカイサイドと、山側のマウカサイドに分かれていましたね。

フロアごとにどんなお店があるのかも簡単にですが紹介していますので、アラモアナセンターに行く前に読み返してイメージを定着させてしまえば、迷う時間もなくなってスムーズにお買い物できますよ。

ぜひご活用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました