ハワイ オアフ島のテニスコートへの地図や使い方を解説!

ハワイのテニスコート アラモアナ

ハワイのオアフ島には無料で使えるテニスコートがたくさんあります。

この記事ではどこにテニスコートがあるのかや、使い方の紹介をさせていただきます。

テニスをする際の参考にしてくださいね。

ハワイ オアフ島 のテニスコートの地図

ハワイのテニスコートで車がなくても行きやすいのはアラモアナにあるコートと、ワイキキ水族館の正面にあるカピオラニ・テニスコートです。
車があるのでしたらダイヤモンドヘッドの麓にあるダイヤモンドヘッド・テニスセンターもオススメです。

それぞれの場所を地図で確認していきましょう。

アラモアナテニスコート

アラモアナビーチパークのワード寄りにあります。

ワイキキトロリーのピンクラインの海側の停留所から横断歩道を渡り、ワイキキと反対方向に歩いていくと左側にコートが出てきますよ。

全部で10面あり、全てハードコートです。

壁打ちのコートも1つあるんですよ。

夜明けから夜10時まで使うことのできるコートで、ナイターのときは照明が付くので真っ暗な中テニスをする必要はありません。

レッスンで予約してあるコートには白い張り紙が貼ってあり、その時間帯はコートが空いていても使うことができません。

カピオラニテニスコート

ワイキキ水族館の正面にあります。

マリオット・ワイキキ・ビーチ&リゾートやアストンワイキキに宿泊していると歩いて10分くらいのところにあります。

こちらのコートも全てハードコートで、全部で4面あります。

明け方から深夜12時までプレーすることができますが、日が落ちてからは人気(ひとけ)も少なくなり、危険が増すのでおすすめしません。

遅くても日没前までにはテニスを終えて、ホテルに帰りましょう。

ダイヤモンドヘッドテニスセンター

先ほど紹介したカピオラニ・テニスコートからさらにダイヤモンドヘッド方向へ10分進んだ場所にあります。

ワイキキの中心から歩くには少し距離があるので、車やBiki(レンタサイクル)で行くことをオススメします。

駐車場はたくさんあり、満車になることは稀ですので、満車を気にすることはありませんよ。

ここのコートもハードコートで、10面あります。

現在は朝7時から夜8時まで利用が可能です。

ハワイのテニスコートの使い方

ハワイのテニスコートは基本、コートが空いていたら自由に使うことができます。

利用時間は最長で45分ですが、次に待っている人がいなければそのままプレーしていても問題ありません。

コートが空いていない時は、コート内にあるベンチに座って順番を待ちます。

アラモアナ・テニスコート以外はベンチに屋根が付いているので、待っている間、日に焼けたくなかったり、熱中症が気になる方はそちらを使ってみてくださいね。

注意が必要なのは、ベンチでまっているとき必ず2人以上で待ちましょう。

1人で待っていると45分経っても順番が回ってきません。
(テニスは一人でできないので)

その他、靴の底が固い靴やヒールやスパイクを履いていたらコートには入れません。

スケートボードやスケート靴、自転車やベビーカーも禁止なのでご注意くださいね。

まとめ

ハワイ(オアフ島)にあるワイキキからも行きやすいテニスコートの場所を紹介させていただきました。

車がなくても行きやすいのはアラモアナ・テニスコートとカピオラニ・テニスコートの2つです。

コートが多く、壁打ちができるのはアラモアナですが、待っているとき屋根がないので気になる方はカピオラニ・テニスコートへ行ってみるといいですよ。

テニス用品が購入できる場所をこちらで紹介していますので、必要であればこちらも参考にしてくださいね。

ハワイのテニスショップはどこにある?行き方を紹介!
日本からテニスラケットなど持ってきていなかったり、ガットが切れてしまったりしたときにピッタリのお店を見つけたので紹介させていただきます。

安いので良ければ20ドルくらいで購入できるところもありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました